婚活はお見合い成功から

2018/01/05

 今日はお見合いです。心の準備は出来ましたね。全身が写る鏡の前に立ちスーツの背中やズボンにしわが無いか、スーツとネクタイの調和が取れているか、髪に寝ぐせは付いていないかを確認してください。少しでも若く見せる努力が大切です。出掛ける前にもう一度歯磨きと鼻毛のチェックもお忘れなく、勿論爪はキチンと切って有りますね。革靴は必ずブラシで汚れを落として磨いてからお出かけ下さい。清潔感の有る人はお相手に良い印象を与えます。お見合い相手とお会いしたら自分の方からお相手に明るい声ではっきりと挨拶して下さい。「こんにちは、○○といいます、本日はよろしくお願い致します。」お見合い相手の第一印象はイメージ通りでしたか?それともお写真と違っていましたか?いずれにしてもお会い出来た事に感謝してこの時間を二人で有意義に過ごす事をお勧めします。イメージと違ったとしても話しをしている内に、お相手の良い所を見つけられて交際に発展する場合もあります。どんな相手とお会いしてもお互いの良い所を見る様にして悪い所は目をつむりましょう。その後その方を好きになった時、その人のすべて含めて好きになる訳ですから欠点も気にならなくなるはずです。

 お見合い中はお相手をジロジロ見るのではなく「お会い出来て嬉しいです」という感謝の気持ちを込めてお相手の目を見ながらお話しして下さい。目と目が合ってニッコリとほほ笑んだらスムーズな会話が生まれるでしょう。

 他人は気付かない本人だけがとてもこだわっている部分をさりげなく褒めてあげるとポイントが高くなり、会話も弾む事でしょう結婚相談所に入会した多くの方が、最初の方で決めないでもっと多くの方と会ってその中から理想の人を探したいと思う様です。そうやって理想の人を追い続けてお見合いをしている内に、運命の人を逃して居るのかも知れません。その挙句「最初の方が良かった」と思っても、時すでに遅くもう結婚しているかも知れません。

 これから先もっと沢山のお相手が居ると思わずに、この人しか居ないこの出会いを大切にしようという「一期一会」の気持ちでお会いすればお見合いは成功します。お見合い時間は約2時間程度ですが、その間、コーヒー一杯で終わりにしないでさりげなくお代りやデザートを勧めるのは男性の役割りです。この人と交際したい、この人から良い返事を貰いたいと思った時は「今日は有難うございました、私(僕)の方からはお断りはしませんので」又は「又お会い出来ると嬉しいですね」の一言を伝える。